増毛の概要とその種類について

増毛とは字の通り毛を増やすことですが、それには様々な方法があります。

 

まずは、編み込み式というものはあります。これは、自毛に特殊な糸で土台をつくりその土台に糸を付けて増毛するという方式です。

 

この方法では、自毛の1本1本に直接結ぶのではないため、自毛への負担が少なく、また1か月に1回程度のメンテナンスで自然な状態を保つことができる方法です。

 

次に、全面接着式があります。この方法は、接着剤で頭皮に張り付ける増毛方法です。自毛をそり、そこの貼り付けますが、自然さに優れています。

 

メンテナンスは1か月に1回程度ですが、夏場は汗ではがれやすくなります。次に結毛式があります。

 

これは、自毛に対し人工毛を結び付け増やす方法です。この方法は通気性に優れており、激しいスポーツなどの耐久性が高いのも特徴にになっています。

 

女性の増毛に関しては、ウィッグと呼ばれるカツラを付けることが主流になっています。つむじに付けることでボリュームアップするなどのタイプがあります。

 

今の時代、増毛は大事なことです

増毛は女性がするものという意識が世の中の常ですが、男性でも髪の毛が薄いことを気にする人は増えてきています。

 

近代に入り欧米で心臓病の薬の副作用で髪が生えるという事がわかると、挙って毛生え薬の付加価値向上促進へと薬剤会社は動き出しました。

 

そのためには髪が無いことはエキセントリックな事であるという印象を世間に印象付ける必要がありました。

 

その頃、つい最近までちょんマゲが主流だった日本にとってはハゲという現象は然程も人間性に影響を与えるものではなく、極自然の風景として人々に馴染んでいました。

 

ところが、戦後、欧米の文化が入ってくるにつれて、ハゲはエキセントリックな事柄であり、通常の状態ではなくなったのです。

 

ハゲというだけで人の視線を痛いほど感じる世の中になってしまっては、髪の毛は単なる見かけだけのものではなく、人間性を保つための砦であり、守るべきものとなりました。

 

その為のツールが増毛剤なのです。

 

今の世の中は髪がないことが、ハゲであることが下手をすると人格否定へと直接的に結びついてしまう世の中なのです。

 

これはハゲを否定する側ばかりの責任ではなくハゲをそのままにしておく当事者の責任とも言えるのです。

 

関連サイト

更新履歴


このページの先頭へ戻る